スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

できない人の言葉「知ってたらちゃんとやった」

むか〜し、むか〜し
友達とボーリングに行った時のことです。
ストライクを出した後に、ガーターだった友達の一言。
「あれ?さっきストライクやったっけ?」
「忘れてた。知ってたらもっとちゃんと投げたのに
※ボーリングでストライク(10本全部倒した回)の次の回は10点ボーナスというルール

次は「崖っぷちホテル」というドラマのワンシーンです。
昔は有名だったが、今はつぶれかけだというホテルに、超有名ホテルの副支配人が、その肩書を隠して泊まりに来た。最後に正体がわかり、崖っぷちホテルのスタッフにアドバイスを求められた。
副支配人「掃除が行き届いていないですね。」
スタッフの反論「あなたが名乗らずに来るからでしょ。知ってたらちゃんと掃除しときましたよ」


もう一つ。学校の授業中、普段着を着た、どっかのおっさんが見に来た。生徒も先生も、どっかの父ちゃんか、業者の人かな、と気にしつつも、いつも通りワイワイ授業をしていた(って今どきそんなクラスないことを願っていますが)。実は、その人は教育委員会のお偉いさんだと知った時は、生徒がこっぴどく叱られる時だった。その時、生徒が一言。前もって言ってくれれば、まじめに授業受けてたのに


さて、塾では普段は宿題のノートを見ません。「がんばった」という形だけの宿題を評価することは危険だからです。3回繰り返したかどうかは、セルフスタディシートという進度表で自己管理してもらい、講師が見ます。そして、「できるようになった」かどうかを、同じ範囲の確認テとストをして判断します。

セルフスタディシートでは、3回繰り返したことになっている。塾では丁寧にできるまで勉強している。家でも同じようにして、確認テストが毎回不合格ということはありません。そんな時だけ生徒のノートを見せてもらいます。そんな場合は、絶対にぐちゃくちゃ。やってない。ひどい生徒は答えを丸写しってこともあります。もちろん、何も見ないで解いてもらいますよ。そしたら、案の定、家では正解した(ってことになって丸をつけてある)問題が解けません。それだけでも、成績が良いわけがないのですが、その後に、これを言ったり、思ったりする人はもうかなり危険な状態です。もう分かりますね。はい、みなさんご一緒に・・・

知ってたらちゃんと勉強しときました



ボーリングで、いつも同じように投げるべきだ。
(少しでも高得点取りたいんで…
最近の投稿

「先生、やらなくていいって言ってた」

お母さんが、子供のテスト勉強を見ていたら、

テスト範囲には[ワーク10から36ページ]と書いてある。

母「勉強終わった?」

子「終わった」

ワークを見ると、35,36はやってない。

「あれっ、このページやってないんじゃない?」

「先生、やらなくていいって言ってたから。」

でも、テスト範囲には入っているし・・・。

どうすれば、良いでしょう。

まずそのことをメモしてありますか?

人間の記憶ほどいい加減なものはありません。

次の日には、半分忘れます。

授業の内容、友達とした会話、部活で習った新しい技、、、それらと比べて、「何ページやらなくていい」は記憶に残りにくい(興味がない、インパクトない)ことなので、その時の先生の言葉を正確に覚えている可能性は極めて低いでしょう。

「苦手な人はやらなくていい」

「時間なければ、この2ページより、
            他のページを優先しなさい」

こんな感じの言葉を、「やならくていい」と自分のいいように解釈して、覚えている可能性もあります。

メモするべきなのは、言うまでもありませんが、「35,36ページやらない」とだけメモをしていたら、やはり先生の話を、自分の解釈をメモしただけです。

先程の先生の言葉「苦手な人は」「時間がなければ」を書いておかないといけませんね。

こんなに単純なことでも、先生の話は生徒にうまく伝わっていないものです。やはり、「話を聴く」ことが勉強の基本です。

その後、テストに出題されて「先生、やらなくていいって言ってたのに、テストに出てる。」と怒っている人もいます。

そこで、お母さんや、塾の先生によっては、いい加減な先生だと決めつけてしまう。その結果、授業をもっと聞かなくなり、分からなくなる。そして、その科目が苦手になったのはその先生のせいだ。これは危険なサイクルです。

先生が言い間違えたのかもしれない。

自分が聞き間違えたか、解釈が間違えたのかもしれない。

それは誰にも判りませんが、

その両方の可能性があるということを知っておいてほしいのです。

そして、テスト範囲は「36ページまで」と書いてあるのだから、やった方がいいですよね。

「たぶん大丈夫」ではなく、
「、、、かもしれない」

というのが成績が良い子の考え方です。



私たちグッジョブの講師は、
成績の良し悪しは、
頭が良い、悪いではなく、
行動が良い、悪いに必…

本番に弱い?どうしましょ?

さて、ちょっとしたイベントで
あなたは1週間後の日曜日に、
人前で英語の歌を歌うことになりました。

あまり英語の歌を聞きません。

ちょっとでも知っている曲は?

The Beatlesのヘイ・ジュード
ヘイ・ジュー、ドぁんふぁんふぁんふぁ〜
サッch〜 サッふぁ〜 
サッch〜 サッふぁ〜 
とか、

ワンオクのWherever you are
アィム テリニュー
アイ ソフリー ウィスうう〜
トゥナーイ、トゥナーイ
ユー ファファ エンジャエー
愛してるよ
二人は ひとつに
フニャ^い、フナ〜

この2曲しか思い出せないので、
(って、ワンオクの方は思いっきり日本語も入っているけど・・・)
少しは?知っているワンオクにしました。

そして、何度も練習して土曜日の夜、
やっと何も見ないで最後まで歌えました。

心配なので、もう一度歌ってみました。
やっぱりちゃんと最後まで歌えました。

そして、ベッドで横になりました。
いろいろ考えていたら、ほとんど眠れませんでしたが、
まあ、次の日は緊張で眠くもならず、
本番を迎えました。

ところが・・・

本番

アィム テリンニュー
までは良かったのですが、
緊張しすぎて、
頭が歌詞が飛んでしまって、
アイ ソフリー ウィスうう〜
トゥナーイ、トゥナーイ
ユー ファファ エンジャエー
愛してるよ



昨日はちゃんと最後まで歌えたのに、 練習する前の状態と同じでした。


なぜでしょう?
単語を覚えるときも同じなので、 一緒に書きます。
① 何度も何度も練習した後すぐに歌えても、 時とともに忘れて当然。 stay, stay, stay, stay, stay と書いて、 その後、一度書いたら書けますね。 でも、それで「書けるようになった」 訳ではありません。 数時間後もう一度書いて、間違えたらまた練習。 次の日も書いてみて、間違えたらまた練習。 そして、書けて、そのまた次の日も書けたら テスト前にもう一度書いてみる。
②  記憶は寝ている間に定着する。 寝ないと、忘れて当然。
寝られなかったことで、 覚えたことを忘れやすくしてしまいました。 テスト直前に徹夜で詰め込もうとするのが 最も効率の悪い学習です。

本番に弱い? 違います。練習不足だったのです。
緊張して、カシトンジャンタ? 緊張しても、忘れてない部分を見てください。

アィム テリンニュー
アイ ソフリー ウィスうう〜

最初から覚えていた…